昔あそび映像アーカイブス

リンク

青野魚店

バナー募集
  
タントクルセンター
「さくらんぼタントクルセンター」は、クリエイトひがしねが管理運営を行なっている施設です。
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人

クリエイトニュース34号

心のオアシスあそびあランド

 あそびあランドのある大森山北山麓に小さな神社があります。その中の石塔には大森神社、裏側に建立年と施主名が刻まれています。100年以上前、原方地区の人たちが、村の安泰と地区民のより良い生活を願って建立したものでしょう。今はあそびあランドにくる子ども達の安全や家族の幸せを見守ってくれています。
 さて、昨年のあそびあランドの事故、事件の発生状況を見ると、7月中旬にカラスの大群による遊具へのいたずらに始まって、台風の接近による休園が3回、8月は直径50cmを越える大スズメバチの巣の駆除、さらには黒マムシ2匹の捕獲、そして北朝鮮のミサイル発射によるJアラートの避難対処など、どさまざまなことがありましたが、ひとつだけ救いがありました。
 それは、救急車出動要請事案が一件もなかったことです。プレイリーダーの危機意識が高くなってきたことは当然ですが、けがが発生する環境や条件を見直すことが出来たことも大きいと思います。
 例えば、子どもの遊びにはけががつきものですが、すべてのけがをなくすことは無理です。いかにして大きなけがを無くすことが出来るかを考えればその答えは自然と出てきます。これに真摯に対処すればいいことです。
 安心と安全はまったく別物です。安全は危険なものを無くせばいいことですが、安心は人と人のつながりで築づかれるものです。どんな人でも安心してこられる場所をつくるには、私たちプレイリーダーだけでは限界があり、地域のみなさんや来園者の手助けが必要です。
 砂漠にあるオアシスのように、よちよち歩きの子どもから小中学生、大人まで、みんなが安心して集える楽しいあそび場を創っていきたいものです。

危機管理担当理事 奥山 忠雄
 

クリエイトひがしねで~す!

クリエイトひがしね私たちは、子どもから高齢者まで世代を越えた交流の場をつくり、すべての市民が輝いて暮らせる地域社会の創造をめざしています。また、市から委託を受け、総合保健福祉施設「さくらんぼタントクルセンター」の施設管理と、子育て支援センター、けやきホール、ファミリーサポートセンターを運営しています。

クリエイトひがしねパンフレット ダウンロード
クリエイトパンフレット.pdf
 

ホット・ニュース !

「ひがしね伝承 子どもの唄とあそび」を出版いたしました!

唄とあそびの本 この本のもとになった『東根伝承子どもの唄とあそび』が発行されたのは今から三十数年前です。この冊子の挨拶文には、当時すでに「テレビに夢中になりともだちと遊ぼうとしない」子どもたちの姿、序文には「先輩から伝承された遊びを幼児の中に取り入れたとき、幼い目の輝きが一段とさえるのを知っている」「その面白い遊びを子どもの中に取り戻そう」という発刊の目的が書かれていました。 
 あれから三十数年たった現在、子どもの遊びはテレビからゲームに移り、「人と交わってあそぶ」遊びはほとんど見られなくなりました。「遊びの復権」は、タントクルセンターで子どもたちにかかわっている私たちのテーマでもあり、その思いを形にしたのがこの復刻版の発刊です。 当時この冊子に関わった職員は三十代から四十代で、そのうちの五人編集に加わっていただきましたが、何回かの編集会議はほとんど遊びを再現する時間に費やされました。
 また録画撮りでは、その「名人技」に驚かされ、説明文やイラストでは伝えきれない部分を動画として残してていく必要性を切実に感じました。そしてそれが出来るのは今しかないとも。 
 このような経緯で動画をHPに掲載し、さらに未収録分を追加・充実していくこととなりました。 当時編集にあたられた先生方の、「次の世代に生きる方々へのささやかなプレゼントに」との思いを、さらに次の世代へ届けられれば幸いです。

書籍名: ひがしね伝承 子どもの唄とあそび(100ページ)  価格:1,200円
発行者: 特定非営利活動法人クリエイトひがしね
お問合わせ: クリエイトひがしね 電話:0237-43-0732


昔あそびを映像で紹介する「昔あそび映像アーカイブス」も始めました!
 

タントクル・ブログ!

あそびあランド・ブログ!

特定非営利活動法人 クリエイトひがしね
〒999-3796 山形県東根市中央一丁目5番1号 東根市さくらんぼタントクルセンター内
電話:0237-43-0731/FAX:0237-43-0732